リスクを知ること

美容整形は怖いものなのか

少し前にはプチ整形がブームになるなど、一般の方にも美容整形が広まってきてはいますが、依然として美容整形は怖いという認識を持っている方も多いことでしょう。そんな不安を裏付けるかのようなニュースが、数年前に品川美容外科が、同院で美容整形手術を受けた患者の団体から、起訴されたという事件です。起訴された内容は、「美容整形手術に効果を感じられなかった」というものです。 報道だけを見れば、原告側に同情的な見方をしてしまいがちですが、この主張の中には言いがかりとも取れる内容も含まれており、必ずしも原告の主張が全て正しいとは言い切れません。そして、美容整形も手術である以上、品川美容外科に限らず、失敗例というのは起こり得ます。思わぬ事故に遭わないためには、自分で信頼できるクリニックを探すほかありません。

品川美容外科の起訴事件から学ぶこと

品川美容外科が起訴された事件から、私たち患者が学ぶべきことは、美容整形はリスクが伴う医療行為であり、自己責任で施術を受けるべきであるという点です。 品川美容外科の起訴内容に、理不尽とも取れる主張が含まれていましたが、これは品川美容外科側は普段通りの説明と施術を行ったにも拘わらず、運悪く納得できない結果となった患者がいた、というだけのことです。本来であれば、自己責任の範疇として、カウンセリング時に同意をしているはずですから、患者側にも配慮すべき点があった可能性もあります。 この事実だけを持って、品川美容外科が危険だと判断するのは早計です。そもそも、品川美容外科側に大きな過失があったとすれば、起訴後も営業を続けていくことは困難です。その後も問題なく美容整形の実績を積んでいるのですから、品川美容外科の信頼も回復しつつあるのではないでしょうか。